SOCCER TEAM IWAKI FC TO HONOR FUKUSHIMA HOMETOWN WITH SPECIAL JERSEY AT PACIFIC RIM CUP

Fukushima Prefecture was Impacted by 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour Set for Feb. 8 and 10 at Aloha Stadium

January 26, 2018 (日本文は下にあります)



HONOLULU – International soccer stars from Japan’s Iwaki FC team will honor their hometown of Fukushima Prefecture by wearing a special jersey when they go head to head with other soccer teams at Pacific Rim Cup next month. The inaugural soccer tournament is set for Feb. 8 and 10 at Aloha Stadium.

Iwaki City is just one of more than 10 cities located in the Fukushima Prefecture of Japan that was devastated by the 2011 Tohoku earthquake and tsunami. Iwaki FC’s commemorative jersey includes a message in Japanese that translates to “We Play On,” in memory of the victims who suffered from the 2011 tragedy. Additionally, the special jersey also serves as thank you from Iwaki FC to the United States for its continued disaster relief efforts for Fukushima Prefecture through initiatives such as Operation Tomodachi in partnership with the U.S. Armed Forces.

ABOUT IWAKI FC
Founded in 2015, Iwaki FC is a soccer club based in Iwaki, a city located in the Fukushima Prefecture of Japan. The club is part of the Tohoku Member of Society Soccer League, and garnered attention when it received support from Under Armour, helping the team climb the Japanese football pyramid. The team’s vision includes striving to make its hometown of Iwaki City the central football city in Tohoku. Iwaki FC made its debut at the Emperor's Cup in 2017. After defeating Norbritz Hokkaido in the first round, they surprisingly overcame Hokkaido Consadole Sapporo after overtime. For more information, visit www.iwakifc.com


Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour
いわきFC 大会限定ユニホーム着用のお知らせ


現地時間2018年2月8日 (木)、10日 (土)の2日間、ハワイ州ホノルルにて開催する、Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armourにおいて、いわきFC様が本大会限定オリジナルユニホームを着用する事が決定致しましたので、下記にてお知らせします。

この限定オリジナルユニホームでは、東日本大震災からの復興と多くの支援に対する感謝を象徴するロゴ「元気~WE PLAY ON」をいわきFCが開発、PRC2018で着用するユニホームの胸スポンサー下にこのロゴを掲げプレー致します。

このロゴの開発の背景には、この大会を通じて、東日本大震災時、福島県いわき市を含む被災地にご支援いただいた多くの米国民に感謝を伝えるとともに、被災地の復興を世界に向けてアピールする事を目的としております。

いわきFCは2012年に創設され、現在は東北社会人サッカーリーグ2部に所属。
Pacific Rim Cupのタイトルスポンサーである株式会社ドームが、いわきFCの運営を主事業とする株式会社いわきスポーツクラブを2015年に設立、「いわきFC」およびその運営会社「株式会社いわきスポーツクラブ」は、数々のトップアスリートやチームを総合的にサポートしているドームのノウハウを最大限に活かし、「スポーツを通じて社会を豊かにする」という理念の下、「いわき市を東北一の都市にする」、「日本のフィジカルスタンダードを変える」、「人材育成と教育を中心に据える」というクラブビジョンを掲げて活動を行っています。スポーツが持つ価値を最大限引き出し、スポーツ産業化を実現させ、いわきの復興から成長を目指し、そして福島を東北を元気にしていくこと、いわき市民の方々が誇りに思えるクラブとなることを目指しています。気にしていくこと、いわき市民の方々が誇りに思えるクラブとなることを目指しています。